コシヒカリと地域産品のふくい米ドットコムホーム田舎の出来事>平成18年過去日記

18年過去日記


平成18年12月31日
あっと言う間に今年も終わってしまいました。40歳を過ぎてからの一年一年は、まるでジェットエンジンを積んでいるように早く感じられます。また一つ歳をとるのですね。
さて、今年最後の日記ですので、来年の目標でも書きます。

@、日記の更新頻度の改善
A、大幅なトップページのリニュアル
B、内緒の新商品の発売
C、各検索エンジンサイトにおける「コシヒカリ」検索でのベスト5の維持

という事です。日記の更新頻度が一番にあげているところが、いいでしょ。
さて、今年も皆様には大変お世話になりました。来年もますますご愛顧いただきますようお願い申し上げます。
それでは、よいお年を。

平成18年12月3日
それなりに更新はしているのですが、日記まではなかなか進みませんね。コムニタのお粥を新発売しました。白粥の味付けがしてありませんのでご自由に味をつけてお楽しみください。ちなみに私は卵粥が好きです。
コムニタのお粥は、この冬の新企画ではありません。まだまだ隠し玉があるのです。フフフフフ(^−^)
また、コムニタの「わたしのきもち便」も更新しました。うちのサイト、餅の企画ばかりですね。今む、気が付いた。

今日、勝山や池田では積雪があったみたいです。嫌だな〜。

平成18年11月30日
今月も全然日記が書けませんでした。またまた反省。
先日鏡米のページをアップさせていただきました。本日早速のご注文が入ってきました。ありがとうございます。
昨年も試験的に販売したのですが、好評につき、今年は大きさで4種類と、さらにもち米バージョンも作りました。なかなかおもしろい商品です。今年は鏡米はいかがですか。もちろん同じく今年新たに初登場の鏡餅も納得の出来る商品です。上下のお餅を別々に包装してあり本格的な鏡餅です。こちらもどうぞ。
実はこの冬の新企画は、もう一つあるのです。すでに試作品も完成。まだ、問題がありますが、出来たら今年中、遅くても来年早々に発売したく考えております。今回は通年商品ですよ。今はまだ内緒ですけど。お楽しみに。
さて、明日から12月。早いですね。雪が降らないことを祈るだけです。

平成18年11月2日
やばい。10月の日記1回しか書いていない。ごめんなさい。
バタバタしている間に、11月になってしまいました。越前の味覚の「ゆく年くる年」の餅、蕎麦セットも発売開始となりました。もたもたしているとお正月になってしまいますね。先日お餅の試食を行いました。2回もやって、今年もまた美味しいお餅をお届けできます。ご期待ください。

さて、小林さんのコシヒカリの出荷が遅れています。小林さんが体調をこわしているためで、今しばらくお待ちください。

池田町と旧今立町(現越前市)を繋ぐトンネルが17日に開通するようです。これが出来ると鯖江からも近くなります。と言っても30分は掛かりますが・・・・・・。

私の周りで風邪が大流行。朝と昼の寒暖の差が大きいからでしょうか。皆さんもお気をつけください。

平成18年10月17日
超久々の日記です。今年の秋は、いろいろとありすぎ。大変です。
ザ百姓が復活して、もうすぐ1カ月。お陰様で順調な復活です。池田町では新たに「百匠一品」ブランドをスタート。町内の土、水の資源、文化の資源、人々の力によって育まれた逸品にこの「百匠一品」ブランドマークをつけるそうです。ザ百姓はその第1号だそうです。
今年に入り、池田町ではさらに農産物のブランド化を推進。地元でも定着しています。更なる発展が待ち望まれます。

もうすぐ、上庄の里芋の発送が始まります。すでに多くのお客様よりご予約を頂いております。ありがとうございました。昨日大野に行ってきました。今年の里芋は、とても形もよく食味もすこぶる良いとのことです。ご期待ください。初出荷は今月20日を予定しております。

平成18年9月25日
いろいろとありまして、日記の更新がなかなか出来ませんでした。新米はすっかり出揃い後は生産者限定のみ。どうしても請負農家であるため、自分の田んぼのお米が最後になり出荷が遅くなるようです。今年の池田町産コシヒカリは、JA池田町の食味計の計測によるとここ数年でもっとも食味の良い生育となりました。楽しみですね。
ザ百姓も、完全復活しました。発売再開の日に、早速ご注文を頂きましたお客様も多数おられ、このお米の期待の高さが実感できました。今年は数量的にも十分ですので、ご安心ください。
ザ・百姓の完全復活により、代替商品でありました「ファーマーズ米」は販売停止となりました。
また、今年度より、池田町では、コシヒカリを中心とした作付けとなりましたので、「池田町産ひとめぼれ」も販売停止となりました。御了承ください。
もう一つの秋の人気商品である上庄の里芋ですが、予約の受付を開始いたしました。今年は、前後10日間ずつ販売期間を延ばしました。よりお買い求めやすくなりました。里芋も、現在のところ生育は順調とのことです。こちらも楽しみですね。

平成18年9月13日
月曜日から、コシヒカリも新米が入荷し、段々と気忙しくなってきました。本格的には、池田町産、大野産の出荷が本格的になってきますと忙しくなりますね。秋雨前線の影響で、福井県地方も連日の雨模様。稲刈りも遅れてきました。田んぼでは、倒伏した田んぼも見られます。本日、ザ百姓の出荷が遅れるとの案内もありました。連日、多くのお客様より出荷日の問い合わせがありますが、今しばらくお待ちください。なお、ザ百姓が出荷されますと、代替え商品のファーマーズ米は、販売停止となりますので御了承ください。

平成18年9月3日
コシヒカリの刈り取りが、先日より始まりました。と言っても、まだ平野部の田んぼの話ですが。現在のところ、大きな被害は報告されていない様子で、品質の良い新米が収穫されると考えております。
池田町でも、この週末頃から刈り取りが始まるとの報告が入ってきました。但し、ライスセンターの乾燥方法が、最新型の除湿乾燥と言うことで、火力乾燥に比べ時間が掛かるため、出荷は20日頃でしょうか。お楽しみに。

またまた、超大型の台風が近づいているようですね。それも今週末頃に接近とか。台風は、稲刈りが終わるまで来て欲しくないものです。

平成18年8月20日
池田町にぶらっと行ってきました。上田さんに会えるかと、作業場に行きましたが、あいにくの留守。仕方なく、田んぼをぶらぶらとしてきました。平野部とは違い、まだまだ青い田んぼです。生育はすこぶる順調の様子。各田んぼには標識が立ててあり、栽培管理者や、認証団体等が記載されていました。池田町ではこのほかにも栽培履歴の記載されている標識もありました。認証農園そのものはさほど珍しくないのですが、池田町の数の多さは、平野部とは格段の差があるように思えます。町をあげての良質米生産の取り組みのなせることでしょう。来月の収穫が楽しみですね。
(右写真は、上田さんの栽培する田んぼと、標識です。)

平成18年8月19日
昨日あたりからハナエチゼンの刈り取りが始まりました。いよいよ新米シーズンですね。発売は、来週金曜日の予定です。
今年の出来は、今のところ、倒伏もなく、順調ですね。
旧盆はいかがでしたか?。私は結局仕事で終わってしまいました。なかなか休めませんね。

さて、現在池田町では日本農村力デザイン大学の受講生を募集しています。
http://www.c-nord.com/
講義に偏ることなく特長ある農村(池田町)を通じて、農村力を活かす術を学ぶ大学です。
興味のある方は一度受講されてみては。
申し込み期限は今月末です。お急ぎください。

平成18年8月10日
毎日暑い日が続きますね。郊外の稲も順調に生育しています。ハナエチゼンが少しずつ色づいてきました。
美味しいお米の収穫される条件の一つに、寒暖の差があると良いと言われています。山間部の池田町は、山間部である故に、昼間と夜の寒暖の差があることから、県内最高級の良質米の産地といえるでしょうね。
では、池田町以外はどうかと言うと、今年は猛暑の割には、福井県では意外と熱帯夜が少ないんですよね。今月に入り、熱帯夜は、1日と9日のみ。(福井市の気温)。猛暑だと思っていたのにね。意外です。池田町ほどの寒暖の差はないかも知れませんが、今年は平野部でも美味しいお米が取れそうですね。

平成18年8月7日
店にいると、入ってくる人全てが、「暑いー」と言って入ってきます。連日猛烈な暑さですね。私のように髪の毛が随分薄くなったものには、直射日光が直接頭皮にあたる分、余計に暑さを感じます。困ったものです。水田の稲もかなり順調に生育しているように見えます。月末には、新米の収穫の話題が出てきますね。当店でも、連日新米企画の話題が出ています。また忙しくなります。

暑さとともに、一気に台風が発生していますね。実りの秋を控え、台風の進路が気になりますね。今年は、猛暑ですから、台風の発生が多いかも知れません。台風と言えば、アメリカのハリケーン、今年は発生が多いと予想されています。昨年のようにまたまた、石油施設に打撃があると、ただでさえ高騰しているガソリン代がさらに高くなりますね。困ったものです。

平成18年7月26日
やっと晴れ間が出て、梅雨明けも間近と言ったところですね。豪雨で被害にあわれた方に対し、深くお見舞い申し上げます。
あまりよく雨が降ったのと、日照不足と言われているためか、早くも今年の稲の出来を心配するお客様がいます。雨が多いと、稲も弱り、病害虫の被害が懸念されますが、基本的には8月の天候が良ければ問題がありません。ご安心ください。

ザ百姓の代替商品である「ファーマーズ米」の評判がいいですね。ザ百姓とそん色がない美味しさだと評判です。9月の新米発売と同時に代替としての役目が終わるのですが、なんか残念な気もしてきました。

さて、あと一ヶ月もすれば、ハナエチゼンの新米が出てきます。一年て早いですね。

平成18年7月18日
ハナエチゼンでしょうか、稲の花が咲いています。生育は順調です。
さて、連日雨がよく降ります。丁度2年前の福井豪雨を思い出します。あれからはや2年ですね。あれから、かなり河川の工事を行っていたようですが、今だ完全に回復していません。そんな中、2年前を思い出すような、豪雨です。大したことがなければよいのですが。

大野の、小林さんのお米が早々と売り切れとなりました。申し訳ありません。なかなか年間の買い付けは難しいですね。
まだ他にも、生産者限定商品がありますので、そちらを御利用ください。

平成18年7月9日
先日の地元新聞で、当店の加盟する「フクイ米クラブ」が、この秋からJA池田町の扱うコシヒカリの県内販売について独占販売するとのことがニュースで書かれました。
http://www3.ttn.ne.jp/~m96/sub19.htm
今更と言うことなのですが、正式契約ということになります。契約期間は10年の長期契約です。これで皆様に長期にわたり安定的に美味しい池田町のコシヒカリをご提供できます。
何故、池田町のお米が美味しいのでしょうか。土地、水、気候、作り方と色々ありますが、私がいつも言うのは、豊かな自然の中で、環境と共存しながら自然の力を最大限に引き出すことで、美味しいお米が出来ると思っています。先週、池田町での「田んぼの生き物調査隊」に、クワキチ仲間と参加してまいりました。参加し、池田町の自然の豊かさをさらに実感いたしました。タガメは残念ながら今回は確保出来ませんでしたが。また近いうちに2回目に参加してきますね。

平成18年6月25日
さばえIT塾の竹内さんのご協力の下、なんとかカート導入と言うリニュアルを終えました。竹内さんありがとうございました。
カートを導入してわかったのですが、当サイトの扱い品目は、全部で97品目。たくさんあり大変でしたよ。でも、これでかなりお買い物がしやすくなりましたよ。また、カート導入とともに、送料と一部商品の価格の変更もありました。送料はわかりやすくなりました。少し安くもなりました。なお、カート導入にあたり、今までの注文フォームは廃止となりましたので、ご注意ください。
急いでリニュアルしましたので、記入ミスがあるかも。その時はごめんなさいね。

さて、この週末、池田町で「田んぼの生き物調査隊」参加してきます。自然豊かな池田町です。平野部ではいない、水生昆虫がたくさんいると思います。今から楽しみです。私のまわりのクワキチ仲間(クワガタムシ大好き人間) にこの話をしたら、あっと言う間に5人集まり一緒に参加します。中には、講師顔負けの水生昆虫の知識を持った仲間も2名います。参加名簿をみたら、我々5人の所属が、「鯖江虫の会」になっていました。間違いではないけど・・・・・・・。目標は、「タガメ」。果たしているかな?

クワガタのご注文?は納品完了。もちろんボランティアですけど。あとは、カブトムシの注文が2件。カブトムシは来月かな?。

平成18年6月19日
今年も何故か、クワガタ虫の注文が入ってきました。うちは米屋なのに。(ーー;)
てなわけで、毎晩虫取りに一生懸命です。そんな中、ヒラタクワガタが一匹私の車の中で脱走。今だ見つからず、いつどこから出てくるかわからず、まさにエイリアン状態です。困った、困った。

当サイトもいよいよリニュアルしようと計画中です、。以前からリニュアルするすると言ってなかなか出来ませんでしたが、今回、竹内さんと言う強い味方が現れ、いよいよ買い物カートにチャレンジします。でも、いつの間にか80ページを超えるページ数があるサイトとなってしまいましたから、果たしていつになったら完成するかどうか。とりあえず、がんばります。

平成18年6月6日
フクイ米クラブのアドレスが変更となりました。
http://www3.ttn.ne.jp/~m96/
ついでに、最新情報に更新しておきました。長い間更新していなかったせいか、時間が掛かってしまいました。

麦の刈り取りが始まりました。小麦色の畑を見ていると、季節感がおかしくなります。これから夏に向かうと言うのに、秋みたいな感覚に。
麦の刈り取りが終わると、季節は入梅ですね。

この夏に、当サイトも改造することとなりました。なかなか実行に移せなかったのですが、いよいよがんばります。またまた更新が遅れそうです。

平成18年5月22日
先日の土曜日、東京から「いちかわライスビジネス」の市川社長をおよびして、フクイ米クラブ主催の講演会を開催しました。題して「産地米屋の生きる道」。いろいろと聞いているうちに、当店らが取り組んでいるスタンスに間違いがないと確信しました。市川社長、ありがとうございました。厚くお礼申し上げます。

鯖江市内では、すっかり田植えが終わりました。直播栽培の田んぼでも、芽が出てきました。今年は、特に直播栽培が多いように思えます。これも効率化の所以でしょうか。

平成18年5月8日
すっかりゴールデンウィークも終わってしまいました。私はしっかり仕事をしておりましたが。今年のゴールデンウィークは天候に恵まれ、連日行楽日和でしたね。西山公園のつつじもコレからが見頃。今度の週末あたりがピークかも。そう言えば今度の日曜日、鯖江では「つつじマラソン」があります。うちの長男も走ります。私は走りませんが・・・・・。
郊外では、田植えが終わった地区も出てきました。今年も、早植え、遅植えがはっきりと分かれました。今年の天候はどちらに有利となりますか。ところで、当店の推奨する池田町は、山深い地区ですので、全般的に遅植えが多いようですね。

平成18年4月27日
少しバタバタと忙しくなると、つい日記が疎かになってしまいます。申し訳ありません。
春というのに、まだ肌寒いですね。西山公園のつつじも、まだつぼみは小さいですね。見ごろは、連休が明けてからかもしれません。そう言えば、ここ何年かは、連休中につつじが満開となっていましたが、その前までは、連休が明けてから満開になっていましたから、別に異常気象ではないのかもしれません。
郊外の田んぼでは、田植えが始まりました。またこのコーナーで産地情報をお届けいたします。

平成18年4月10日
ようやく桜も5分咲きといったところです。まだ肌寒い福井です。

よくお客様から、黒田さんのお米はやっぱり美味しいと言われます。生産者から直接買うのより、当店から買った方が美味しいとも。でもこれには理由があるんですよね。生産者は、どうしても、自分の作ったものが一番美味しいと感じてしまう上に、他のお米との食べ比べが出来ないんですよね。その点、当店は、いろんな産地、生産者のお米を食べ比べできることから、吟味が出来るのです。また、精米技術の違いもかなり影響していると考えられます。今日もあるお客様から同じようなことを言われました。なんとも嬉しく思いました。米屋をやっていて嬉しい時です。なんて言っても、日本の主食です。ご飯が美味しくなければ、おかずまでもが不味く感じられますから。

平成18年4月5日
1日より、池田ファーマーズ米を発売しました。その代わり、残念ながら、ザ百姓は新米まで休止させていただきます。
この、池田ファーマーズ米は、こだわりの生産者の減農薬で育てたお米です。ザ百姓に負けないくらいの食味です。一度ご賞味ください。なお、これも、ザ百姓と同じ、池田町有機米生産研究会の提携商品です。

福井でも桜の開花宣言が今日出ました。やっと春ですね。ソメイヨシノより早い、しだれ桜は随分と咲いてきましたね。これからがいい季節です。

平成18年3月28日
2週間も日記をさぼってしまいました。年度末でいろいろと忙しくしています。
今日、福井市内から、池田町のお米があると聞いたのですがとお電話を頂きました。なんでも、某農協関係者から、県内で一番美味しい産地は何処だと聞いたら、池田町やろなと言われ、すごく探していたそうです。まだまだ当店のPRが足りないようですね。頑張らねば。

全国的には桜のニュースが。でも、明日の福井の天気予報は、雪。これが本当のなごり雪にしてほしいものです。

平成18年3月14日
朝起きたら、積雪が30cm。今年は大雪でしたが、一晩で積もったのは今朝が最高ですね、池田町では、鯖江より少ない20cm。典型的な里雪タイプです。昨晩は、なごり雪かと思っていましたが、とんだドカ雪でした。この時期こんなに降るのは、福井でも珍しいですね。実は、我が家の車も、一部土曜日にスノータイヤを外していたのですが、営業車はまだスノータイヤでしたので助かりました。もうすぐ春だと思っていたのに・・・・・・・・。

平成18年3月7日
すっかり春の陽気ですね。もうスノータイヤ外したい気分です。もう大丈夫ですよね。
さて、明日より、名人米が一人増えます。ただし、ご本人の希望でネット販売はいたしません。店頭販売のみです。今回も池田町からですが、すでに販売されている上田さん同様、池田町でも稲作において中心的な方です。ぜひ店頭に来て買ってくださいね。


相変わらず、蕎麦キチが治っていません。先日の日曜日も、芦原市まで出向き、食べてきました。あげくに、そこの蕎麦屋の親父と、30分近くも蕎麦談義までしてきました。困ったものです。

平成18年3月6日
先日の日記で、桜の開花の話しを書いたが、実は、これは気象庁の発表に基づいて、書きましたが、民間の気象予報会社では、逆に遅れるとの見通しがあります。
http://weathernews.jp/sakura2006/
一週間から10日違う開花予報。今年の大雪を見事に外した気象庁。果たしてリベンジになりますか?。
今年の大雪と言えば、豪雪として命名されたようですね。「平成18年豪雪」
豪雪と言えば、昭和38年、昭和56年、昭和59年がありますね。
昭和38年豪雪は、「さんぱち豪雪」呼び、昭和56年豪雪は「「ゴーロク豪雪」と言っていますが、この「平成18年豪雪」はなんと呼ばれるのでしょう。「いちはち豪雪」「いっぱち豪雪」どうでしょうね。まさか、まったく予報が当らない気象庁に掛けて「いちかばちか豪雪」なんて呼ばれたりして。

平成18年3月4日
3月に入り少し暖かくなってきたような気がします。10度を超えると暖かく感じます。秋には、10度と言えば、すごく寒かったのに、体が慣れたのでしょうか。それとも氷点下に比べればと思ってしまうからでしょうか。なんか人生と一緒ですね。ちょっとしたつまづきで、落ち込むよりも、今回はダメだったけど、最悪の状態にならなかったことだけでもラッキーと言ったプラス思考が大切なのではないでしょうか。ふと感じました。
今年の冬は寒さが厳しかったため、少し暖かくなると、桜の芽の動きも早いとか。今年は、桜の開花が早いと聞きました、あと20日もすれば、全国から桜の開花のニュースが。早いものです。

平成18年2月23日
かなりの雪が融けました。昨日は春を思わせる陽気でしたね。まさに三寒四温。でも、去年もそうでしたが、冬も、春も、夏も丁度1カ月狂っているような気がしてなりません。そんなことを思うのは私だけでしょうか。そして、暖かくなると、また杉花粉ですね。今年は、昨年より少ないようですが、それでも花粉症の方には辛い季節ですね。

さて、先般、ザ百姓が今月いっぱいとご案内しましたが、在庫調整の結果、来月いっぱい販売できる見通しとなりました。取り急ぎご連絡いたします。

平成18年2月17日
販売を再開したばかりですが、大変申し訳ありませんが、池田町の乾燥調整施設で不具合が発生し、ザ百姓の原料米に不具合が生じましたので、今月末にて販売を一時停止いたします。発売再開は、今秋となる見込みです。お客様には大変申し訳ありませんが、何卒御了承願いますようお願いいたします。
なお、来月より「ザ・百姓」の代替商品を発売するとともに、店頭のみですが、更に新しい生産者限定の商品を発売いたしますのでよろしくお願いいたします。。

平成18年2月8日
風が冷たくて、外で作業をしてると手がかじかんできますね。今年は、今のところ、風邪は引いていないのですが、年に必ず3回は風邪をひく私ですから、油断は大敵です。風邪の予防には、十分な休養と、外出から帰ったら、うがいと、十分な手洗いが大事です。それと、家に入る前に、衣服を叩いてから家に入ると良いそうです。何でも衣服についた、風邪の菌を落とすのだとか。テレビで言ってましたよ。

まだまだ雪があります。それでも、一時期80センチ台あった積雪も、現在鯖江市内で20センチ台となりました。早く雪が融けないかな〜。もうすぐ春です。あと一ヶ月の辛抱です。

ザ百姓の販売を、月曜日より再開いたしました。ご迷惑をおかけしました。

平成18年2月2日
日がたつのが早いですね。もう2月です。いよいよ受験シーズン突入ですね。一部推薦入試でもう春を勝ち取った人もおられるみたいですね。そう言えば、今年はコンビニなどに、合格祈願グッズが多く販売されていますね。ポテトチップからチョコまでいろいろとありますね。ほんと、商魂たくましいと感心します。私も、何か考えようかな。

明日、池田町に行ってきます。まだまだ雪が私の身長ほどにあるようです。久々の池田町です。楽しみです。
池田町といえば、池田町の農協の精米施設のトラブルのため、「ザ百姓」が、現在販売を停止いたしております。現在、復旧に全力を尽くしておりますが、今しばらく係りそうです。皆様には、ご迷惑をおかけしますが、御了承ください。

平成18年1月28日
なーんか雪融けませんね。例年なら12月の雪は根雪にならないのですが、今年はずーと積もりぱなしですね。でも、県内でも積雪がないところがあるんですよ。この雪国の福井県でも。たとえば、三国町や越前海岸あたりは、積雪がゼロです。雪の積もっている道を5分も走ると雪がなくなっているなんて言うことも。海に近いところは、風が強く、雪が積もらないのです。ですから、福井市より海岸に近いお隣の金沢市は、福井市と比べ雪が少ないのです。こんな時は、つくづく海辺の家がうらやましく思えます。さて、来週は節分です。春ももうすぐそこに来ていますよ。

平成18年1月18日
雪もピークの半分位になりました。でもまだいっぱいあります。風もまだまだ冷たいですね。インフルエンザが徐々に流行の兆しが。体調には、くれぐれもご注意を。

先日、精米機のオーバーホールをメーカーさんにやってもらいました。昨年末から調子がいま一つだったものですから。金属で出来たロールや網が磨り減っているのを見て、すごい圧力が精米の時に掛かっているのだなと実感しましたむ。全て取り替えて、今は、絶好調の精米機です。

いまだに、私の蕎麦キチは続いています。週末には、必ず蕎麦を食べに県内の有名店をうろうろとしています。いっそのこと、蕎麦食べ歩き同好会でも作ろうかと思ったりしています。どなたか、一緒に蕎麦を食べに行きませんか?連絡待ってま〜す。

平成18年1月7日
毎日、毎日雪かきです。毎日嫌になります。あと2カ月どうなるのでしょう。
そんなかんだで、年末から日記をサボってしまいました。随分お疲れです。こんな寒い日に、床屋に行ってきました。お陰で、毛糸の帽子が放せません。こんなに髪の毛が薄くなって、寒さには慣れたと思ったのですが、限りある髪の毛も一応保温効果があったのかと感心しております。

本日、今月の粗品の「節分の豆」が入荷いたしました。早速試食。ちょっぴり春を感じましたよ。



福井県産コシヒカリと福井の地場産品の
ふくい米ドットコム
有限会社 黒田米穀
TEL0778−51−1232
FAX0778−51−1741
e-mail  info@fukuimai.com