コシヒカリと地域産品のふくい米ドットコムホーム田舎の出来事>14年7・8月過去日記


14年7・8月過去日記


平成14年8月30日
ラジオ体操、無事終了。バンザーイ。(^○^)
1日しか休まなかったよ。どうだい。私もやれば出来るのだ。アハハハハハ。(^○^)

でも、すぐに、神明神社のお祭りが・・・・・・・・・。
祭りには、お神輿がつき物。でも、うちの町内のお神輿、メチャ重いのだ。噂によると、わざわざお神輿の中に石が入っているとのこと。「だれじゃ〜い。石を入れたのは。」思わず町内の区長に、今年は石を下ろそうと嘆願中です。果たしてどうなるか。

本日、いつもお世話になっている生産者へご挨拶。本日よりコシヒカリを刈り取り中で、来週には出荷できると言う。そこで、来週水曜日に、食糧事務所へ検査の予約を。よって、来週水曜日に新米コシヒカリが出荷予定となりました。美味しい新米コシヒカリまであと5日。

最近、うちの長男が元気がない。夏休みの宿題が思うように進まないからだ。2学期まであと2日。どうするのだろう。おかげでうちの奥さんまでプンプンしてます。私と、次男は、トバッチリがこないように、静かに、静かに。

平成14年8月29日
ラジオ体操も、残すところ、後1日。やった〜(^○^)
結局1日しか休まなかったよ〜ん。どうだ、見なおしたかって感じ。)^o^(

今年の夏は、クワガタムシに始まり、カブトムシと、毎晩忙しかったのです。そして今、昨日からなんと「鈴虫」にのめり込んできました。別にどうでも良かったのですが、何故か鈴虫の話題になり、うちの奥様に話したら、次男の友達の家にいるとかで、貰ってきたのです。それが、メス1匹。(T_T) 何故か共食いをしてしまい、メス1匹しか、いなくなってしまったとか。メスでは、鳴きませんし、何のための鈴虫かと言う事になり、少し意地になり、当店の会計事務所の先生が好きとかで、毎年多くの鈴虫を飼っているという話を聞きつけ会計事務所へ。すると、同じ血の鈴虫を3年連続で育てたらしく、今年は血が濃くなったのか、1匹も孵らなかったと聞き、それでは、うちの昔からのお客さんの家にもたくさんいたと聞き、お客さんに電話すると、ここでも、今年は孵らなかったと言う事で、さらにさらに意地になってしまい、さらに探していると、近くの地区の体育館のセンター長が好きで、体育館を利用する人に、ただであげているという話を聞きつけ早速貰ってきました。しかし、せっかく貰った鈴虫も、会計事務所の先生や、お客さんのように血が濃くなって、来年孵化しなくなったらかわいそうと思い、さらに探していると、会議所の青年部の先輩の家にいると聞き、すぐに貰って来ました。というわけで、ただ今当店には、鈴虫が40〜50匹もいることに。現在事務所においてあるのですが、いっせいに鳴き出すと、うるさいのなんの(T_T)。少し貰いすぎたかと反省しきりの私でした。

平成14年8月28日
昨日は、商店街でフレンチの試食会。美味かった。(^○^)。満足、満足

昨日、自主流通米の入札が行われた。福井からもハナエチゼンが上場。
最近の入札は、何故か事前に指標価格が分かるようになってきた。複数の卸から情報を聞いてまとめると価格が見えてくる。今回もドンピシャ。現状維持の価格だった。
ただ、今後の動向は、下落が十分に予測される。後は、東北、北海道の収穫次第だね。
各卸も、情報集めには必死の様子で、今日も朝から県外の卸か何件か情報を聞きに、私に電話をしてきた。ま、私もまた違った情報が入ってくるのでありがたいのだが・・・・・。
と言うのも、米の世界は、価格改定は大体秋の9月10月に行われる事が多い。収穫時に、1年間の価格動向を予想する。なかなか大変だからこそ、確かな情報が必要となってくる。

あと3日で9月。もう、クワガタや、カブトは終わったと思われるだろうが、と゜っこい。いまだに毎日、夜のお散歩は欠かさない。カブトこそは終わったけど、クワガタは、9月いっぱい楽しめる。カブトムシはもう終わりだけどね。クワガタの中でも、オオクワ、コクワ、ヒラタは、越冬する。1年中楽しめるのです。もう、私も完全なマニアですかね。

平成14年8月26日
暑さがぶり返してきた。

一部の農家では、早くもコシヒカリの刈り取りが始まった。
今日、ある生産者で新米コシヒカリを見たけど、「おいおい、ちょっと刈り取りが早かったんじゃないの」って感じ。それでも、気の早いお客さんがいるので刈り取るとか。本格刈り取りは今週末から。

新米は美味しいのだが、嫌うお客さんもいる。わざわざ古米を選んで買って帰る。例えば、寿司屋さん。新米は柔らかすぎて、握ると団子になると言って、年内は古米が良いと言う。食堂も、焼き飯にすると作りづらいし、丼物も、柔らかすぎると具のつゆとうまくなじまないと言って、新米は嫌う所が多い。素人考えで新米ばかり薦めると、お客さんを無くす事も。まさに、お米も食材の一つ。その料理にあわせて、お米を選ぶと言う事か。なるほど。

明日は、フレンチのお食事会。と、言っても実は、旧盆前に、地元商店街で1等フレンチのお食事会御招待と言う企画で、9月に行われるが、その下見で商店街のメンバーと行くのだ。と、まあ、なんだかんだと理由をつけたりして・・・・・・・。

平成14年8月24日
天気予報で、「晴れ時々曇り。ところにより雨」と言われた場合、福井県嶺北地方では、池田町の事を言う。今日は、お昼から時間が出来たので、産地見学で池田町へ行ってきた。冠荘と言われる町営の温泉宿泊施設の下に、コムニタがあり、たずねた時の話し。コムニタは、宿泊研修施設をも運営しているのだが、宿泊者が夕食の準備をしていると、突然の豪雨。バケツをひっくり返したような勢いだ。まさか、ここだけと思ったら、約1Km下の役場のあたりでは、まったく降っていない。コムニタを後にして、違う生産者の所に向かうと日が差してきた。さらに違う生産者のところに向かうと、また雨。山深い池田町だからこその現象ですね。
池田町も、稲の成育は順調で一安心して帰ってきた。

今日は土曜日だったのですが、朝6時15分起き。小学校の、社会奉仕いわゆる掃除があったのです。6時30分には小学校に到着し、いざ草むしり。単純作業とは言え、日頃やっていない事、なかなか疲れた。約1時間30分で、校庭の草むしりも終わり、あとは2学期を待つばかり。うちの子供も、こうやって私が日記を書いている横で、宿題に追われ必死の様子で机に向かっている。果たして始業式までに終わらせる事が出きるだろうか。
長男に一言。「長男よ。今年の貯金箱は自分で作れよ!!!」

平成14年8月23日
最近、県内でも新品種の作付けが増えている。その一つに、ミツヒカリというのがある。まだ県内では実験的な作付けだが、うまく行けば、作付けが増える可能性も。ミツヒカリはいわゆる「ハイブリッドライス」と言われるもので、2つの品種(両親)を交配して育成された、雑種第1代品種(F1)と言われるものだ。
これは、決して、遺伝子組換えではなく、自然に交配されて出来たいわゆる雑種で、両親の特性を遥かに超えた能力を出す事がある。このミツヒカリの特性は、多収であること。この米余りの中、さらに沢山収穫される米がどうしてと思われるかもしれないが、現在、米穀業界では、コシヒカリやひとめぼれなどの優良銘柄は余るほど育成されている。逆に、裾物と言われるB級品種が品薄になる傾向だ。あの、北海道や、青森でさえ、ほしの夢やゆめあかりなどの独自の優良品種に力を入れている。この米余りの中、毎年価格が低迷するため、生産者は、少しでも高く売れる優良銘柄を作付けするのだが、逆の発想で、価格の安いB級銘柄でも、反収が増えれば、優良銘柄より収入が上がる可能性がある。そこで、ミツヒカリに注目されてきていると言うわけだ。通常コシヒカリなら反収8〜9俵名のだが、ミツヒカリは、最高15俵取れると言う。悪くても12俵。これなら、安いB級銘柄でも、うまく行けば、コシヒカリより収入がアップする可能性がある。食味もまずまず。今後期待される品種だ。
また、このミツヒカリを開発したのが、三井化学。そう、米の育成にも、どんどん民間が参入してきている。三井化学以外にも、三菱商事やJT、キリンビールなどが育苗ビジネスに参入している。これからの新しい品種に期待したい。

平成14年8月22日
今日、うちの長男と奥様は、市役所の募集した市内の障害者施設にボランティアに行ってきた。市の福祉課の担当者が私の知りあいだったので、後で電話を掛けて聞いてみると、全部で40名ほどの参加があり、この夏休みでは、今回で2回目という。ボランティアと聞いて、自分の息子ながら偉い奴やなと思ったのだが、帰って聞いてみると、ただ見学しただけのようだった。納得。

稲の刈り取りした田んぼを見ていると、完全に秋の風景だね。まだ8月だと言うのに。
毎年取引のある生産者から、コシヒカリを来週30日から刈り取るとの連絡が。本当に、天候に恵まれたせいで、収穫も早いようだ。また、池田町からも連絡があり、池田も例年より早いペースで、刈り取りが始まるとのこと。一気に、県内全域、新米モードですね。

平成14年8月21日
本日午前、予定より若干早く、新米ハナエチゼンが入荷しました。早速精米。精米していても新米の良い香りが。早速試食してみると、美味いね〜。(^o^) 香りといい、艶といい、いいね〜。新米入荷ののぼりを上げると、早速お客さんが。皆も待っていたんだね。
と言う事で、新米セールのコーナーを立ち上げました。よろしくね。

うちの長男の、剣道のお友達の家が、この夏休みに、オーストラリアに行かれたそうで、おみあげを頂きました。それを見て、うちの奥さんが、「いいな〜。いいな〜。」の連発。しばらくうるさそう。(@_@)
こうたくん、えいたくんありがとう。

ラジオ体操も、残すところあと7回。いまだに、サボリは1回だけ。おかげで、最近からだの調子がgood。
さあ〜、残りも頑張るぞと!!

平成14年8月20日
朝晩が、めっきり涼しくなり、よく眠れます。おかげで今日のラジオ体操は、危うく寝過ごす所でした。(なんてね、実は、昨日飲みに行って、帰りが遅かったのです。)危ない危ない。

ハナエチゼンの、刈り取りが進んでいます。当店でも、明後日には、発売の予定。
今日は、朝から、同業種の知り合いから、新米の問い合わせばかり。夕方、何軒かの、生産者も回りました。今年の新米の出来は、まずまずと言った所。整粒も申し分無く、美味しい新米をお届できそうです。お楽しみに。
明日21日には、大阪市場へ第1便のトラックが出るセレモニーが、JAで行われるとの話しも。

豊作になると、市場原理から言うと、価格が下がる。
今コシヒカリが1反9俵収穫されたとし、価格を1俵15000円とすると、1反300坪で1年間の収入が135000円。これから、諸経費や設備費用を引くと、何も残らない。いや、下手すれば赤字になる。これが今の、日本の農業の現状だ。1反300坪と一言に言うが、結構広い。この広い土地が生み出す年間の利益なんて考えていたら、農業など出来ないのだが、なんとも寂しい話しである。

平成14年8月19日
あっと言う間に、旧盆も終わりましたね。結局、私は、15日のお昼からと、昨日の日曜日しか(日曜も、午前中仕事だった)休めませんでした。そして、今日から、あの、あの、あのラジオ体操が始まりました。お蔭様で、今日は、メチャ眠いです。
でも、うちの長男、宿題が全然出来ていないのがちと心配。奥様は「ほっておけ」と言うのですが、果たして大丈夫でしょうか。

今日は、一日、台風の影響か、風が強く、でも涼しい一日。一雨事にこれから秋に近づいてきます。今日一日、郊外ではコンバインをよく見ました。またまた農家にとっては忙しいシーズンですね。当店でも、少しづつ新米モードになってきております。予定では、今週末には新米ハナエチゼンの発売です。
今年も、昨年同様の新米セールを企画中です、この機会に、どうですか。

平成14年8月16日
先日の予告どおり、昨日は、家族で墓参りの後、長男と市内の図書館へ。二人で約3時間、みっちりと、自由研究をやってきました。次は、夏休み恒例の貯金箱づくり。何故、子供より親の方が、子供の夏休みの宿題を心配するのか。ちと、子供に対して、甘やかしているとは思いつつも、次の貯金箱について、いろいろと考えている私です。

今日の、地元新聞を見ていると、福井県人は、全国一油揚げや、ガンモが好きな県民とか。そう言えば、私が高校を出てから、大阪に米屋の修行に行った時に、大阪の社長からよく、福井の厚揚げが美味しいと言われ、帰省する度に、大阪へ持って行った記憶がある。
大阪に行った当初、私は、大阪の厚揚げや、豆腐が不味くて食べれなかった記憶もある。
美味い水で作られた豆腐と、厚揚げがあるから全国一消費量が多いのかもしれない。
そう言えば、最近、美味い厚揚げ食べてないな〜。以前は、うちの奥様の御実家のお隣に、年老いたおじいちゃんが、昔ながらの製法で、それも薪で焚く釜で厚揚げを揚げていた店があったね。歳がいっていたせいで、週2回しか作られなかったけど、あの厚揚げはメチャクチャ美味かったね。あの、厚揚げのパリパリした衣の触感は、薪で焚いた火力のもたらすものか。もう、おじいちゃんは亡くなられていないので、幻になってしまったけど。あれは美味かったね。めちゃくちゃ有名だったようだけど、年齢のせいで、近所に売る分と、あと僅かを近所以外の予約のお客さんに売っていたくらいだから、当時から幻だったのだけどね。奥様の御実家は、ほん隣だったので、毎週食べていたそうで、厚揚げとはこんなものだと思っていたそうだけど、おじいちゃんが作れなくなって、はじめて、特別だったんだとわかったそうだ。
どうでも良いけど、こんな事書いていたら、食べたくなってきてしまったよ。揚げたての厚揚げに、大根おろしに、醤油をかけて食べるんだよ。アアアアアアアアア、食べてエ。(T_T)

平成14年8月14日
当店は、業務店を多く抱える関係で、旧盆はなかなか忙しい。今日は、その忙しさのピークだった。
明日は、少し楽になりそうなので、家族と墓参り。その後は、長男の自由研究のため、市の図書館で調べ物の予定。今のところ、目の前を走る、私鉄福井鉄道について、調べ様と言う事になっているが、図書館へ行ったら変わるかも。アハハハハハ。

2週間ほど前から、クワガタムシを飼っている水槽に入れている土に、白いカビのようなものが出てきた。卵ではない。何だろうと思っていたら、今日ハッキリした。キノコだ。どうしてと、ん〜〜〜と考えていて、あっと思い当たる事が。その土は、某キノコ栽培で使われた、土を貰ってきて使っているのだ。貰って来た時は、ミミズが沢山いたのだが、ミミズはすべて日光消毒で駆除したので、ばっちりと思っていたらキノコが・・・・・。
どうしてわかったかと言うと、キノコが生えてきたからだ。キノコ栽培のキノコ。これはもしかしたら食べられるかも知れない。シメジ?なめこなめこ?、まだ種類はわからないが思わぬ展開に、なんだか面白くなってきた。この秋には、自宅でキノコ狩りだ〜。(^o^)

平成14年8月13日
一雨ごとに、少しづつ涼しくなってきた。
今日、県内のトップを切って、ハナエチゼンの刈り取りの話が入ってきた。少し早すぎるので、その生産者に対し、まだ早いのにとの声が聞こえてきたが・・・・・・・・、

当店では、現在旧盆の配達に忙しいのだが、回りは早くも新米モード。
今日、午後3時に、県外の卸しの、責任者の方が来られ、新米情報の収集に来られたのを皮きりに、続けざまに、また違う県外の卸しの社長からの電話、さらには県内某JAのトップの方が来店、またさらには、県内某小売店より電話と、立て続けに来店や問い合わせが続いた。こっちは、盆の配達で忙しいと言うのに、おかげで、午後3時から、6時頃まで仕事にならなかった。モー!!。何故か、みんな当店に聞きに来る。逆に、それだけ情報が入ってくると言う事だろうが、私は、ブローカーでも、仲買人でもない。単なる米屋なのに。
とにかく、来週末には新米の発売である。当店では、まだ、案内のはがきが出来ていないのに。どうしょう。

まだまだ、私の忙しい旧盆は続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。(@_@)

平成14年8月12日
お盆とか、正月と言うだけで、慌しくなる。新米がすぐに控えているとなると、なおさらだ。

ぼちぼち、いつもお世話になっている生産者の方々にご挨拶に回る時期となってきた。当店では、ここ2〜3年は、生産者の方を徹底的に絞り込んでいる。以前は、行け行けで、かき集めた事があったのだが、量より質を最近は重視している。と言うのも、同じ産地で同じ地区、さらには隣同士であっても、米の味が全然違うからだ。
今日、何軒かの農家に電話し、その内の1軒は、何年も前から目をつけていた農家である。どうやら、今年はわけてもらえそうな話だった。わけてくれなくとも、毎年通いながら、話をする。そうして気に入った生産者と仲良くなりながら、米をわけてもらうようになる。もちろん、時には、生産者を育てることもある。いろんな情報を流し、時には期待料を込めて、通常より高く買うこともある。そうして育てて行く。

某大手の食品メーカーが、この秋に、全国の米づくり名人の米を集め、抽選でプレゼントすると言う。私の回りでもそんな話があり、生産者を紹介してほしいとの問い合わせがあって、ある生産者を紹介した。すると、その大手の食品メーカーから帰ってきた返事は、その生産者のパンフレットか何か無いかとの問い合わせ。その時に、これは駄目だと思った。そんな、パンフレットやプロフィールを持っているような生産者は、商売人化していて、作るほうより、売る方を重視しているような生産者の米が、果たして、超こだわりの名人米と言えるのかと、あっけにとられたものだ。本当に、まじめで誠実な生産者は、作ることは名人級でも、売る事は苦手で素人と言うのが本当である。でも、美味しいから、口コミですぐに売りきれてしまうんだけどもね。だから、パンフレットなんて作る必要が無いはずなのに。永○園さん、わかったけの。

平成14年8月11日
昨日の土曜日と本日にかけて、我が家では、夏のバカンス?に行って参りました。行き先は(((越前海岸)))。
なんと、家から30分の遠出です。と言っても、土曜日は忙しく、夕方4時の出発で、あげくの果て、通り道に配達があり、配達しながら行って参りました。現地で、近所の家族と合流。到着して、民宿にチェックインして、すぐに、近所の港へ、小鯵釣りに行ってまいりました。と言っても、同伴者は、うちの長男と、連れのお父さん。二人とも初心者でしたので、私は指導係。大漁とはいかないまでも、楽しく釣りをし、民宿で宴会へと。昨日は、連れの家族の長女が4歳の誕生日だったので、民宿の宴会で、誕生日パーティーもかねて、ワイワイとやりました。それが終わり、民宿の露天風呂で一息つくのもつかの間、全員を連れて、大花火大会????へと。あいにく強風の中、約30分間騒ぎ、1日目終了。2日目の今日は、朝から海へ。かなづちの私は、浮き輪が離せません。午前中泳ぎ、込み合ってくる直前に、上がり、再び民宿の露天風呂でくつろいで、帰り道にラーメンを食べて帰ってまいりました。ああ、疲れた。(@_@)
私にとっては、久々の休日でしたね。これで、お盆の忙しさも何とか乗り切れそうかな?。
長男は、お盆過ぎには、夏休みの宿題の追い込みがあり、これで我が家の夏は、一先ず終わりとしましょう。(クワガタ、カブトを除き)(爆笑)

平成14年8月9日
明日から、18日まで、ラジオ体操は、お盆休み。やれやれ。やっと折り返し地点。今日は、終了3分前に滑り込み。明日からは、ゆっくり朝を過ごせそう。でも、いつからラジオ体操は、お盆休みができたのだろう。ま、良い事だけどね。

先日、市内の農家を尋ねたときの話。
その、農家の田んぼに、猪が出て困ると言う。もちろん、鯖江市内の話。池田町や、今庄町のような、中山間部ならともかく、平野部に位置する鯖江の田んぼに猪が。もちろん、背後に山を抱えている田んぼではあるが・・・・・・・・・。それも、有機栽培の田んぼしか荒らさないという。荒らすと言うか、猪の体についた蚤等の虫を、体に泥をつけて落とすために、田んぼに入って体に泥をなすりつけるのに転がるのである。山に一番近い田んぼは、普通栽培で、その農家の田んぼは2〜3枚離れているにも係わらず、普通栽培の田んぼには入らないで、その有機栽培の田んぼだけが、荒らされているのだとか。猪も、うまい米の田んぼがわかるのだろうか。そう言えば、ねずみもそうである。当店では、低温倉庫の導入以来、ねずみの害は皆無だが、以前は、いろいろいたずらされた。それも、古米より新米。普通栽培より有機減農薬米が被害に遭った。ねずみも美味しい米はわかるのであろうか。どちらにせよ、猪が出るのだから、鯖江も相当なド田舎だね。

平成14年8月8日
しかし、今日も暑かった。仕事をしていても、暑さでボーーッとしてしまう。
今日は「立秋」と言うのに・・・・・・・・・・・・。
今度の土曜日は、御近所の御家族と、海水浴。海も熱いんだろうな〜(@_@)

NHKの大河ドラマ「利家とまつ」の人気で、鯖江のお隣の武生市に追い風が吹いているとの事。武生は、昔、府中と言われ、利家がはじめて大名になったところ。市内には、利家の両親の供養塔がある宝円寺やまつが身近に置いた念持仏が参道に祭られている陽願寺など、前田家にまつわる場所が数多く残る。大河ドラマの進行とともに、全国からツアー客が来ているらしい。日銀金沢支店の試算では、今回の大河ドラマの北陸3県の経済効果はざっと500億円。そのうち、福井県は200億円から195億円と計算されたらしい。(私には、まったくおこぼれが無いのだが。)
来年の大河ドラマは「宮本武蔵」。あの佐々木小次郎の生まれ育った福井県今立町、そしてツバメ返しを生み出した、福井市の一乗谷の一乗滝。2年続けて、福井県が、関係してくる。更なる経済効果を期待し、景気回復と願いたいものだが・・・・・・・・。

平成14年8月7日
昨日の、日記で、今日、生ビールを飲むぞと書いたのですが、実は、昨日の夜、高校時代の友人より、急に連絡があり、一日早く生ビールを飲んでまいりました。(^o^)。満足、満足。

最近、新米の話ばかり。もう、当店は、新米モードに入りかけております。
今日も、県外の卸の社長が、季節の挨拶にこられ、話題は、新米の話。
昼と、夜の寒暖の差が大きいところが、今年も良いぞと言う話題から、では、具体的にどこが良いかと言う話に。福井では○○○。石川県では××××。(希少価値のある産地のため、名前は公表できず)この両産地を重点的に、食味等の動向を調査する事で、意見がまとまった。

昨日、ある2チャンネルと言う掲示板サイトを見ていると、三輪そうめんの話が。
何でも、本物の三輪そうめんは、全体の流通量の2割ほどで、あとは、他の産地が三輪そうめんに化けていたとか。暑い夏の必需品であるそうめんも、偽装表示の渦中に。まるで、魚沼のコシヒカリみたい。との世界にも、偽装表示はあるんですね。

奥様たちに対抗して、いや、間違い。ささやかな抵抗で、本日、携帯電話を入れ替えました。ドコモのカメラ付き。もち、番号はそのままです。これで、少し、気が晴れた。(単純)

平成14年8月6日
連日、暑い日が続く。少しでも涼しいうちに、仕事をしたいと思い、今日は、ラジオ体操が終わるとすぐに家に帰り、精米機のスイッチを入れた。しかし、結果は同じこと。当店の精米所の中には、低温倉庫とは別に、大型のクーラーがついているのだが、機械が動き出すと、温度計が上昇して行く。これは、精米機や昇降機などなどに取り付けられているモーターのためだ。さらに、ここ1週間ばかり、店がちと忙しく、結局、今日も汗びっしょりになり、2回着替える事に・・・・・・。
私の、暑さとの格闘は、新米の落ち着く9月終わりまで続く。

そのような中、うちの奥様と、長男が、お昼ご飯を食べている時に、「明日、次男をよろしく」と言っていた。私が「えっ」と聞くと、近所の薬局の売り出しの抽選で、日帰り旅行に当たったのだとの返事。それも、1カ月前に、私に言ったと言うのだが、まったく記憶にない。(人の楽しい事なんか覚えてられるかって〜の。)で、どこに行くのかと聞くと、飛騨高山に行くと言う。まったく、この二人は、今年の夏をエンジョイしているぜ。お父さんは、汗みどろになって仕事しているのに・・・・・・。(T_T)
挙句の果て、私は、旧盆休みが無い。これは昔からそうだが、得意先の稼ぎ時である旧盆は、当店にとっても忙しく、休めないのだ。
仕方が無い。今日は無理だが、明日には、生ビールを飲みに行くチャンスを絶対に作ってやるぞ。!!!生ビール!。生ビール!!。(ほんま、小さな抵抗だね。)

平成14年8月5日
先日の土曜日は、西山公園での「さばえみんなのフェスティバル」と、次男の通う保育園の納涼祭り、そして、町内の納涼祭りと、私が関係する祭りが3つも重なり、パニック状態。また、その時に限って、仕事が忙しい。
一応すべてに顔を出し、最終的には、責任者となっている町内の納涼祭りについていた。そして、昨日の日曜日は、子供会の、地区の球技大会。段取りもわからず、ただ、オロオロするばかり。それと同じに、子供の誘導や、指導やら、学校の先生のご苦労が、よくわかりました。その後、奥様のご実家の法事と、メチャお疲れの週末でした。

最近、午前中だが、配達に長男を連れて回っている。午前中は、暇そうにしているので、連れて回っているのだが、なかなかよく手伝ってもらっている。それと、今日は、納品先の隣に田んぼがあり、コシヒカリの稲の花が咲いていたので、思わずそこで、野外学習。どうです、たまには父親らしい事もしているんですよ。えっ、当たり前だって。どうも失礼いたしました。m(__)m

平成14年8月2日
我が家の、カブト、クワガタムシのコレクションのピークも過ぎてきた様子。ピークの時には、水槽が6つもあったのが、今は4つ。ほとんどが、養子縁組で旅立って行ったのだが、ぼちぼち、当家でも産卵の準備に掛かった。よく、カブトムシやクワガタの産卵から孵化までを教えてと言われるが、カブトムシは比較的簡単なので、ここに紹介しましょう。
オスが、バラバラになって死んでいたら、メスがやったと考えて下さい。産卵の前後にメスがオスを食べると言う話しがありますが、私は見たことがないので??。ま、それとして、もう、今ごろの間から、水槽の中の土を徐々に増やして行きます。水槽は、最低でも60cmはほしいですね。土は、園芸用の腐葉土と、オガクズ。オガクズは、ホームセンターに売っている、「昆虫マット」が便利です。冬から来年の春用に、少し買いだめておいてください。腐葉土2にオガクズ1の割合で、土を作り、水分を与え、手で握ると、軽く固まるくらいの水分がベストです。カブトが全部死んだら、土を水槽いっぱいにして、温度変化の少ない場所に置いてください。幼虫は、秋にはある程度の大きさになっています。ですから、幼虫の有無は、秋口にわかります。土の上に、7〜8mmくらいの糞が溜まってきましたら、土を入れ替えてください。(すべて入れ替え)カブトの幼虫は、地上に上がって糞をする習性があります。土の入れ替え時期は、水槽の土が1/3くらい減ったり、糞がいっぱいになった時に替えます。大体10月下旬から11月初旬に一度、来年の3月、5月に一度くらいが目安で、土が肥えていればいるほど大きくなります。1年を通じて土の乾燥には注意と水の入れすぎも注意してください。そうすれば、来年の7月には、成虫が生まれてきますので頑張ってね。ちなみに、6月に入ったら、絶対に土をなぶらない事。
さあ、あなたも頑張って挑戦してください。

平成14年8月1日
今日から8月。いよいよ暑さも本番だね。子供のプールが羨ましい。

今日、知り合いの農家が、人を介して、13年産のハナエチゼンを買ってほしいとの打診が。人を介したことと、あと20日ほどで新米が出るので、丁重にお断りをした。生産者の中には、自分で販売している農家も多いが、そのほとんどが、古米を多少成りとも抱えている。我々のような小売店なら、仕入れの調整で在庫はギリギリまで無くせるが、生産者の場合、自分が作った米であるため、仕入れの調整などない。そこで、当店に買ってほしいと打診してきたのである。いつも思うのだが、残った古米はどうするのだろうか。自分で食べる?。安く叩き売る?。新米に混ぜる?。我々が生産者に買い付けに行くときは、新古米判定の試薬を持参する。ブレンドしてもすぐにわかる。ま、滅多に生産者の前では使わないが。いろんな生産者がいる。
新米の買いつけは、大変難しい。県内の米穀店でも、どれくらいの店が出きるか。とにかく品質の判断、銘柄の判断、価格交渉、食糧事務所への申請などなど出きる所は少ない。でも、面白いものである。私はこのような交渉事が大好き人間だから。買い付け開始まで、あと20日。ワクワク。

平成14年7月31日
今日で、夏休みに入り10日が過ぎた。ラジオ体操は、ただ今の所、1日だけ休んでしまいましたが、私としては上出来かな?。でも、まだ1カ月あるのです。気が重いよ〜。(T_T)

今朝、ラジオ体操が終わってから、近所の人が昨日の日記に書いた、秋祭りの説明に来た。
が!!、私の担当するイベントは、今年はじめての企画で、何もわからないとか。挙句の果て、「一番大変かな」なんて、言って帰って行った。どうしょう〜。(T_T)

付き合いのある武生の肥料問屋さんから、この秋の新米の問い合わせが今日あった。あと、20日ほどで、新米の出荷と言う事で、多くの農家を抱える肥料問屋としては、現在の動向と売り先の紹介をしてほしいとの事。県外の卸からは、福井の玄米を世話してほしいとの問い合わせがあったので、私が橋渡しする事となった。肥料問屋との話の中では、新品種の話が続々と出てきて、びっくりさせられた。肥料問屋も、ただ肥料を売るだけでは、JAに勝てないらしい。新品種の紹介から、売り先の紹介まで、どんな業種も大変な時代だね。

平成14年7月30日
昨日、子供会のことを書いたが、実は、昨日は、地区の子供会育成連絡協議会の打ち合わせと、9月に行われる、地元の神社「神明社」の秋の大祭の打ち合わせと重なってしまい、区長にお願いして、大祭の会合を欠席させていただきました。そうしたところ、今朝のラジオ体操の時、区長がやってきて、一言「わからない事があったら、いつでも言ってくれ。出きるだけのことはするから。」と一言言って私に書類を。よく見ると。一番盛り上がる日である、大祭の最終日のセレモニーの前の、子供大会の総責任者に、私の名前が!!!。おいおい、欠席裁判か!!!!!!!!!!!?。(T_T)。子供会の事でも頭が痛いのに、もーどうにでもしてくれ〜と言う感じ。私は知らないよ〜(*_*)。
地元の神社である、「神明社」は、市内でも最も大きな神社でもあり、また、歴史のある神社でもある。古文書を読むと(私は読んでいないが・・・・)、あの、朝倉義景も参拝したとの記述があり、また、江戸時代には、神社を含め回りの田畑は天領にもなっていた、由緒ある神社。9月の17、18は鯖江の神明社に遊びに来てね。

平成14年7月29日
昨日は、町内の子供会のレクレーションの日。町内の子供たちを連れて、美浜町と、敦賀市に行ってまいりました。美浜町では「渓流の里」と言うところで、ニジマスのつかみ取りから、バーベキューを。それから敦賀市の「アクアトム」と「きらめき港館」へ。みなと館では3D映画を見て来ました。いや〜、うちの子供だけでも大変なのに、ホンマ疲れましたわ。ご協力頂いた皆さんありがとうございました。しかし、「アクアトム」では、多くの子供会と遭遇。どこの町内も考える所は同じだね。今週末には、町内会の納涼祭り。(子供会はミニ縁日広場担当)そして、今度の日曜日は、地区の子供会育成連絡協議会主催の、夏期球技大会と、子供会の行事はまだまだ続く。球技大会は、ソフトドッヂボール。なんか、去年低学年の部で、優勝したらしく、早くも区長からプレッシャーが掛かっている。思わず「参加することに意義があります。」などと、訳のわからない言い訳。とにかく、早く終わってくれ〜。(T_T)

平成14年7月27日
いや〜、毎日暑いね。私なんか、昨日飲み会があったのですが、ビヤガーデンで焼く肉で、生ぬるい生ビール飲んできました。暑かった〜。(@_@)

最近、毎日のように、中国製のダイエット薬の危険性がニュースになっているね。何や、最近中国産といえば、野菜や食品や漢方薬などなど、いっぱい問題があるね。いっそのこと、中国からは口に入るものは輸入しなければ良いのにね。
ところで、私の場合、暴飲暴食をしても、体重が67〜8Kgで変わらない。だから、ダイエットには無縁です。よく人から羨ましがられるけど、ほんとに変わらないのです。自分で考えるに、理由として、間食はまったくしない、万歩計を付けると、一日8000〜12000歩歩いている、酒は飲むが、飲みだしたら、物を食べない(よって、酒を飲んだ後のラーメンも食べない。)だららのかもしれないね。間食をしない、飲んだ後のラーメンを食べないと言うのは、てき面に違うようですよ。でも、食事は人一倍食べるのですが・・・・・・・肥えない。皆さんも、薬に頼る前に、今の食生活を見なおしてみたら。

本日の、地元新聞によると、福井の稲の成育状況は、おおむね平年並と言う結果が。
もうすぐで、おいしい新米をお届けできます。お楽しみに。

平成14年7月25日
今日、次男の通う保育園に、カブトムシを寄付しました。大事に育ててくださいね。

昨日は、飲み会があり、午前様だったのですが、長男もよく似た時間に、甲子園球場から帰ってきた。巨人ファンの長男にとって、昨日の阪神の華麗な逆転劇を目の当たりにして、今朝は少し落ち込んだ様子?。これで、長男も阪神ファンになったかと思ったのだが、そう簡単にはいかない様子。しかし、また連れて行ってと言う所を見ると、少しは阪神が気になるのか。(^o^)

田んぼの稲は、順調に成育中。ここに来て、猛暑が続いているせいか、随分丈も伸びてきた。これからが一番大切な時期。今年は、カメムシの発生が例年に比べ多いという。畔管理がとても大事になってくる。こまめな草刈で被害を最小限に押さえることが今までの定説だったが、ここに来て、変わった防除のやり方が。畔にミントを植えたり、ゼラニウムを植えたりして、成果をあげているとの話がある。自然の力を利用して、少しでも農薬をやらないようにする取り組み。皆いろいろ考えるものだね。

平成14年7月24日
今日、うちの長男は、奥様の御実家のお父さんと一緒に、甲子園球場へ、阪神対巨人の試合を見に行った。実は長男は、大の巨人ファン。それが、甲子園のあの雰囲気に感動して、阪神ファンになることを洗脳されることを密かに願っている父でした。ちなみに、実家のお父さんは、トラキチです。

今朝、知り合いが米を買いに来た。何でも今から中国へ仕事の視察に行くとか。そこで、中国にいる日本人にお土産として、持っていくとのこと。先月も同じく持って行ったのだが、余りにも喜ばれたので、今回も持っていくとか。しかし、中国の税関で見つかると、没収されるので気をつけなければならないんだと言っていた。特に今回は、先月も中国に行ったため、今回は税関で検査される可能性が高いとか。そこで本人曰く「命がけで中国に行ってきます。」そんなたいそうなことか?。でも、さすが中国だね。日本は、個人輸入の場合、一人100Kgまで、持ちこみ可能な上、無税と聞いている。そこで、政府の決めたミニマムアクセスで輸入するより安く上がるとかで、現地から日本に帰る日本人に頼み込んで輸入している業者があると聞いたことがある。そうすれば関税がかからなく、安く輸入できると言うが、その手間の方が大変だと思うのだが。とにかく、中国の米は食べれたものではないと言うが、どうなんだろう。私は中国に行った事がないのでコメントできないが、現在、中国では日本へ輸出する事を目的に、コシヒカリやひとめぼれ、あきたこまちが作られているそうだ。そのうち、輸入米の大攻勢がかかる日も近いのでは。

平成14年7月23日
昨日、うちの奥様と、お坊ちゃんたちは、ディズニーシーから無事御帰還。さすがに疲れたらしく、そのままバタンキュでお休みだった。今日のラジオ体操はお休み。お父さんは毎日出席しているというのに、うちの家族と来たら・・・・・・。おかげで、私は眠くて仕方がないのです。
そして、上の坊ちゃんは、明日は、甲子園球場で阪神対巨人戦を、奥様の御実家のお父様と観戦。金曜日は、ディズニー映画の試写会、日曜日は子供会で、美浜町までと、超ハードスケジュール。遊んでばっかりいると、夏休みの終わりに泣くのにね。アハハハハ(^o^)

奥様たちが、遊びに行っている間、私はしっかりお仕事と、夜は昆虫採集に勤しんだ。しかし、これも夏休みに入り、スゴイ競争率。昨日も、某山の中へ行くと、私の後からぞろぞろと3家族がやってきた。夏休みに入る前は、寂しい山の中だったが、えらい賑やかに。それも、早いもの勝ちではないが、先に入った私たちを走って追い越して行く家族も。お父さんの後を一生懸命についていく、小さな子供。その姿を見ると、どうぞお先にと言いたくなった。どこのお父さんも大変だね。

平成14年7月21日
夏、真っ盛りと言った所。奥様とお坊ちゃんたちは、このクソ暑い中、ディズニーシーへ。ようやるわ。(@_@)
おかげで私は、1日自宅でのんびり。やれやれ。
どんなに暑くても、当店の低温倉庫の中は、常に15℃の湿度70%に保たれている。だから、暑くてどうしようもない時は、思わず低温倉庫の中に非難。でも、5分位しか入れないけどね。5分以上だと、ちと寒い。でも天国だよ。こんな時、「あ〜、低温倉庫を導入してよかったな」と思っていたりして。

この暑い中、早くも、この冬のストーブの話が、入ってきている。いわゆる、新商品の営業だが、話を聞くだけで、ごめんなさいと言いたいところだ。かき氷を食べながら、ストーブの話、現実味のない話だね。

平成14年7月20日
今日は暑かったね〜。太平洋側では梅雨明けのニュースが。福井もこの暑さなら、明日にでも梅雨明けかな。そういう中、うちの奥様と子供らは、明日からディズニーシーへ行くんだって。この暑いのに、ほんまご苦労さんですね。私は行かなくて良かった。

今日は土用の丑の日。今日一日で、いったいどれだけのうなぎが食べられるのだろうか。そう言えば、昨日くらいから、中国産のうなぎか、国内産のうなぎかDNAで抜き打ち検査をするとのニュースが。そうだったんですね、中国産と、国内産のうなぎは、種類が違ったんですね。でも、味のわかる日とはどれくらいいるのでしょうか、疑問です。え、私?私はわかりますよ。うなぎは大、大、大好物なのですから。大阪の米屋さんに丁稚奉公に行く時も、うなぎで決めたくらいですから。ま、これは言い方を変えると、うなぎに釣られて、就職先を決めてしまったようなものですから。この話しは、私の結婚式に大阪でお世話になった店の社長に、スピーチをお願いした時に、社長が「この黒田は、私の店を選ぶ動機が、面接の時に食べさせたうなぎに釣られて、うちの店にきた男です。」などと、みんなの前で披露してしまったくらいですから、うなぎの味に付いては、私はちとうるさいですよ。(と言う奴に限って、うなぎの味がわからないもんなのですけど。)
で、今日は、うなぎが食べれるのかと思ったら、今日は、土用の丑の日だから、うなぎが高いから、明日にお預けだって。(T_T)。そんな〜(T_T)

平成14年7月19日
明日から、子供たちは夏休み。あ〜〜。毎日がうるさくなりそう。
あっ、来週からラジオ体操だ。あ〜〜。起きれるかな。(T_T)

うちの長男が行っている地元の小学校は、今年から、父兄会が6月に行われ、学期末には行われない。よって成績表は、子供が貰って来る。昨日、貰って帰ったのだが、相変わらずの成績。(期待するほうが駄目か)
最近の子供は、外で遊ばないそうだ。文部科学省も外で遊ぶようにいろいろと工夫をしているようだが難しいらしい。私に言わせれば、週休2日制にし、ゆとりの学習と言っているようだが、ここが大きな間違いだと思う。授業時間が少なくなったのに、学習の進むスピードは、私たちが子供の頃より、格段に速い。これでは、学習塾にでも行かなければ、ついて行けない。実際、最近の子供は、自分から塾に行くと言い出すという。授業のペースを私たちの子供の頃のペースに戻し、宿題も少なくする事が、私は真のゆとり学習と思うのだが。
子供と一緒に、クワガタムシを捕りに行く時の、子供の目はいきいきしている。私たちの子供の頃は当たり前の風景だったのにね。
と、まあ、たまには、お堅い事も日記で書かなければね。

平成14年7月18日
あと、1カ月もすると、新米ハナエチゼンが出荷される。田んぼでは、今稲の花が咲いている。当初天候に恵まれ、平年より1週間から10日も早く生育が進んでいたのだが、この台風等による長雨で、現在は3日ほど早いと言う。
暑い日が続くと、乳白の米や、胴割れが出たり、はたまた、長雨や低温が続くと、収量が落ちたり、病虫害が増えたりと、なかなか作物は難しい。生産者のご苦労を察します。

景気が悪いと、営業が活発になる。当店は、LPガスも販売しているが、その関連機器の売りこみが最近、激しい。昨日も、わざわざ県外から業界大手の営業マンがやってきた。提示された価格は、どれも福井県内の代理店価格より安いものだった。もちろん、同一メーカー商品だ。価格だけではない。きめ細やかなサービスや、販売手法は、小売店の我々でも参考になる上、またそのような指導もしてくれる。それはそのまま県外の競争率の激しい地域での生き残り手法であり、話しを聞いていても大変ためになった。
当店は小売であり、対業務用の場合卸し元にもなる。お客様にいかに新鮮な情報提供ができるか。そして、きめ細やかなサービスができるか。今後の生き残りはここに掛かっているのかも知れない。

平成14年7月17日
今朝は、また台風が来たのかと思わせるような、豪雨。よって、今日は4時起きに付き、少々眠いのです。それでも昆虫採集には行くのだ。

今日の新聞を見て、怒りが・・・・・。
「酒販規制法案提出へ」「過当競争地域で免許制限」
来年10月からの酒販規制完全自由化を前に、規制緩和での酒販店の経営改善などの救済策らしいが、何故、酒販店だけがと言いたくなる。米穀店の規制緩和は、平成7年に行われたが、このような救済策など無く、過当競争に突入した。福井県においても、500軒の米穀販売店が、一気に1500軒にまで増えた経緯がある。なのに、どうして酒販店だけがこんなに保護されるのかと腹が立つ。
昔から、酒造メーカー、酒販店は、政界に太いパイプを持っていると言われ。来年の規制緩和も、圧力をかけ、3年だったか、先延ばしした経緯があるはず。それでも、さらに、さらにだ。
もう一つ言えるのは、この法律が酒販店にプラスなのか。米穀店の場合、一発で規制緩和だったので、まだ、体力があった時に、荒海に船出した。しかし、酒販店は、ジワリジワリと規制緩和をしている。現在の経営環境も大変苦しいと聞いている。真綿で首をしめるようなもの。そこに、今回の救済策。さらに体力の消耗が進み、3年後の完全自由化の時には、完全に体力が無くなってしまっているはずである。これは、米穀店の場合でもハッキリしており、規制緩和の時の1500軒が、3年後には1200軒、そして、今年は1000軒余りと、着実に自然淘汰が進んでいる。酒販店も、おそらく一番最初は、メチャクチヤ増えるだろうが、3年〜5年で自然淘汰されるであろう。その時のための体力を温存しておかなければならない時に、さらにぬるま湯を掛けて、知らぬ間に体力を消耗させるような事をさせる、酒販組合トップの考えに私は???であり、腹が立つ。

平成14年7月16日
今回の台風も、福井県はたいした被害も無く、無事に過ぎてくれた。やれやれ

昨晩から、たくさんのウイルス付きメールを頂いた。ありがとうございました。(爆)
お蔭様で、当店のセキュリティを破られる事も無く、無事であったが、しかし、今日の新聞を見て、びっくり。最新型のウィルスだった。ネットワーク時代とは言え、こんな田舎にまで、一瞬にして広がることに、びっくりしている。世界は小さくなったものだ。

よく、クワガタムシや、カブトムシの採取ポイントを教えてくれと聞かれる。そこで、今日は、大サービス。
クワガやカブトはどこにいると思いますか。山?、雑木林?それも良いでしょう。穴場は、「川」。これ以上のヒントは出せません。後は自分で調べる事。

平成14年7月15日
またまた、台風。福井県は今晩から、明日朝に掛けて再接近だそうだ。しかし、今年は台風が多い年だね。ま、その代わり水不足にはならないだろうけど。7月で2つ。いったい今年はいくつの台風が来るのだろう。

今日、食糧事務所の職員の方が来られた時の話。
最近の子供はのご飯の食べ方がおかしいとか。
おかずばっかり食べたかと思うと、ご飯ばっかり食べる。普通、私たちの年頃なら、ご飯とおかずを交互に食べるのに、最近の子供の食べ方がおかしいと言っていた。だから、ご飯の消費量が落ちるのだと。飽食の時代と言われ、昔と比べおかずの量と質が格段によくなってきた現在、それも仕方がないかと思っていると、続けて食糧事務所の職員さんは、「でも、丼物や、カレーになると、今の子供はご飯をいっぱい食べる。つまり、ご飯に味が付いたら食べる」と言うのだ。話しはそれるかも知れないが、ご飯にマヨネーズを付けて食べる若者がいる。私などは、想像しただけで気持ちが悪くなるが、ご飯以外にも、何にでもマヨネーズを付けて食べると言う。いったい、今の若いもんの味覚はどうなっているのだろうかと不安になる。「おかずの要らないくらいのおいしいご飯」と言う言葉は、近いうちに死語になるのだろうか。

我が家の、ミニカブトムシが後1週間くらいで出てくるよ。幼虫の時から小さかったので、成虫も小さいと思います。今、生まれてきても、入れる水槽がないのだが・・・・・・・・・・。

平成14年7月14日
2日間、日記をサボってしまいました。m(__)m

昨日夕方から大野市のキャンプ場へ行き、キャンプをしてまいりました。名づけて「サバイバルキャンプ」
私は、仕事と家庭の都合で、遅刻の早退の参加でしたが、面白い夜でした。参加者は、土曜日のお昼に集合して、キャンプ場へ。このキャンプ場が、また判り難い場所にあるのです。場所を示す矢印の通りに行くと、車がやっと通れる細い橋を渡り、民家の裏庭を通り(本当です。矢印通りの、正式な道なのですが・・・・。)細い田んぼ道から、自動車学校を思い出させるS時クランクの細い道の先にあるのです。到着と同時に、グループ決めと場所選び等を行い、与えられたブルーシートでテントを作り、夕飯の用意には、鳥が1匹とかと言う様に大変だったようです。私は、このへんの作業が終わり、夕飯の用意が出来た頃に、到着。(ラッキー。(^o^))しかし、この当たりから、雨が本降りになってしまいには、土砂降り状態に。ここで、同じグループの、勘違い男が、サバイバルキャンプと言うことで、ナイトスコープやエアガン、エア機関銃を出してきたものですから、お祭り大好きな男の私は、周りのテントに雨の中、スブ濡れになりながら、奇襲をかけ、驚かして歩き、ひんしゅくを買うわ、もう大変な状態。で、騒ぐだけ騒いで、私はテントでお休み。ところが、1時間も寝ると、ブヨが出てきて、刺されそうになるわで、また活動へ。本部テントに、クワガタが飛んできたと聞き、周辺の木を調べたりと、とにかく落ち着かない男に。それでも、さすがに疲れ、今度は、虫が出ないように、車の中で仮眠。4時間ほど寝て起きると、夜中の2時。
私は家庭の事情で朝7時には、どうしても、自宅に戻っていなければならないため、3時に帰路につきましたが、この時点でも、寝付けず、起きているメンバーが7〜8名。どうも、寝られないということで、朝まで起きていたのだろうか・・・・・・。
えっ!。大野から、鯖江までは、夜、車で4〜50分で帰れるのに、なぜ4時間も前に帰ったかって。そんな事、決まっているじゃないですか。朝4時から、クワガ、カブト捕りに行きたかったからですよ。
でも、こんな不届きな考えをしているから、せっかく早く帰っても、クワガも、カブトも1匹もいなく、あえなく坊主。(T_T)
これからは、まじめに頑張ろう。参加された皆さん、本当にお疲れ様でした。

平成14年7月11日
台風も、静かに通りすぎてやれやれと言った所。ホッ。(^o^)
でも、今度は台風8号がやってくる。なんや、今年は台風が多くない?。いやな感じ。
今回、被害に遭われた方には、深くお見舞い申し上げます。
台風が来るたびに思うのですが、所詮、人間の力は自然にはかなわないと言う事。
どんなに治水工事をしても、自然はその上を行くということですね。いろいろ考えさせられます。

今度の土曜日は、大野市でキャンプ。今回の台風がキャンプを直撃していたらと考えると、ゾーとしますね。今回のキャンプは、いろいろと思考を凝らした企画が。今はまだ書けませんが、来週ここのコーナーで報告します。
よって、この週末は、カブト、クワガタ捕りは、お休みです。ちょうど坊主が続いていましたので、それも良いか。

田んぼでは、一斉防除が始まりました。これをやると、蛍が全滅するんだよね。何とかならないのかな。
蛍には罪が無いのにね。

平成14年7月10日
何や、太平洋側は台風の影響で大変そうですね。台風は、自分の位置から東側を通る場合は、被害が少ないと言う。特に、日本海側の場合、台風が太平洋側を通る場合と、日本海側を通る場合では、まったく違ってくる。
だから、今日も、日中は、雨が降ったりやんだり。とても台風が来ている雰囲気ではない。

現在は撤去したが、以前、当店には大変目立つ看板があった。私が、大阪の米屋さんで修行したものだから、看板は目立つものがいいと言う考えで、大きな宝船の形をした看板を、当店の壁面に設置した。現役の船大工に作ってもらった、本格的なものだ。おかげで、地元の新聞には載るは、ラジオ番組から取材に来るはで、それなりの効果があったのだが、台風の季節になると、落ち着かなくなった。それは、宝船だから、帆がついている。この、帆が付いている分、風に弱いのではないかという心配があったからだ。7〜8年前に、福井県に大打撃を与えた、台風27号の時は、風がとても強く、この宝船の形をした看板が、帆が付いている関係で、飛んでいくのではないかと、ハラハラしたものだ。一昨年に、宝船を下ろしたときに、下ろした看板屋さんから、だいぶ腐食が来ていて、危なかったと言われた時には、ぞーっとしたのもだ。
と、まあ、このような心配は、我が家だけでないはず。後は、台風が何事も無く通りすぎてもらうのを待つだけ。

今日も、カブトムシを捕りに、某場所へ。こんな日は、誰もいないと思っていたら、現場で知り合いとバッタリ。もち、知り合いもカブトムシを探しに。どこの家庭も大変だね。

平成14年7月9日
台風が近づいている。何か今年は、台風の来るのが早い感じ。
明日がピークのようだ。何もなければいいのだが・・・・・・・。

今日、うちの奥様は、お友達と金沢へ松田聖子のコンサートを見に行った。(若け〜の〜)
旦那は、夏バテ気味で、元気が無いと言うのに、元気な事。(@_@)

8月3日は、至るところで、納涼祭やお祭りが開催される。市の関係では「皆のフェスティバル」が西山公園で開催されたり、各地区でも祭りが開催、保育園などでも納涼祭と忙しい日になりそうだが、私たちの町内でも、納涼パベーキュー大会が開催され、子供会でも縁日広場を開設することとなり、今日役員の方と、福井市内の玩具屋さんへ行ってきた。縁日広場の玩具の専門店で、品定めをしている自分たちも、楽しくなってくる店だった。そこで、くじ引きと、水ヨーヨー、そして花火を仕入れてきた。
どこの町内も同じと思うが、子供会は予算が無い。玩具屋さんでも、値切って、値切って、後は拝み倒してどうにか予算内に。ご協力頂いた、富士屋玩具さん、ありがとうございました。m(__)m

平成14年7月8日
土曜日に、金沢の板越米穀燃料店さんへ、見学に行った。
無洗米の機械を導入し、活発に拡販されているお店だ。店の規模的には、私どもと余り変わらない様子だが、お米にかける熱意は、すばらしいものがある。当店でも、現在10月中旬をめどに、オリジナルの無洗米を発売予定で、今後の当店の販売戦略において、大変参考になった。板越社長、お忙しいところ、ありがとうございました。

毎日暑い日が続くが、お中元は現在ピークの動き。と言っても、関東方面の荷物ばかりである。どう言う訳か、関東は、お中元を7月15日まで、関西は、旧盆までに贈る習慣がある。関東と、関西では何故か1カ月のずれがある。福井は、関西圏であるので、旧盆までに贈らなければいいのだが、関東からはお中元が送られてくるので、こちらの感覚からすると、少しずれている感じがして、違和感があったものだ。どうして、関東と関西ではこうも違うのかと、毎年のように考えさせられたりする。


あかん。余り暑すぎて、今日の日記、何書いているかようわからん、めちゃくちゃや。
ごめんなさい。m(__)m

平成14年7月6日
今日も、うちのクワガタが3軒の家に、婿入り(オスばっかりだから)。だんだんと愛着が出てきて、手放す時は寂しい思いが・・・・・・・・・。完全にマニアの仲間入りか?
現在では、クワガタが(ヒラタ・ミヤマ・ノコギリ・コクワガタ)の4種類。そしてカブトの幼虫と成虫。これだけいると、近所の子供が寄って来る来る。おかげで、現在当店の近所では、一大クワガタムシブーム?です。

今日は、これから金沢へ、米穀店の繁盛店視察で日帰り出張。金沢のお米やさんに導入された、無洗米を見に行ってきます。本当は、その後に、堅町で宴会をしたかったのですが、クワガタが心配????で、日帰りです。繁盛店視察は、フクイ米クラブの毎年の恒例行事。毎年カルチャーショックを受けて帰ってきます。ですから今日の収穫も今から楽しみです。

平成14年7月5日
郊外を車で走っていると、、一面青いじゅうたんをひき詰めたように、稲が育っている。今年も生育は順調のようだ。田んぼを見ていると、同じ緑でも、田んぼによって色の濃さが違うのがわかる。何故色が違うのだろう。これは、一つには品種の違いからくる。もち米とうるち米とか、コシヒカリとハナエチゼンといった感じだ。そしてもう一つ、肥料のやり方で違ってくる。このサイトで良く書いているように、肥料のやり方には「V字」「への字」「一文字」と3種類のやり方があるが、肥料が十分にあたっている時は、葉の色が濃くなる。と言う事は、同じ品種であるのなら、この時期(7月上旬)に葉の色が濃いものは「への字」逆に薄いものは「Vの字」の肥料のやり方をやっていると言う事になる。では、どちらが美味しいのだろう。その事については、当サイトの「おいしいお米の条件」コーナーを見てね。

クワガタ虫の収集がだんだん大きくなってきている。と言うか、広範囲になってきている。昨日が2箇所回ったり、鯖江のクワガタの聖地である西山公園にも、近日中に下見に行く事になった。同伴者も、この道60年の大先輩や、にわかクワガタキチまで、裾野は広がっている。
今日も、虫除けスプレーを買って来て、準備万端。行くぞ〜。あれ?虫を捕りに行くのに、虫除けスプレーとは・・・・・・・・・・・・・・・。

平成14年7月4日
ノコギリクワガタ3匹が、お婿に行っちゃった。元気で暮らせよ。(T_T)

最近になって、鯖江でも市町村合併の話題が上がってきた。現在の候補は、お隣の福井市か、武生市。メディアの情報を総合すると、福井市が有力か?
鯖江市は、もともと、鯖江町と、神明町が合併して作られ、後に河和田村が合併し現在に至るが、ここに来るまでが大変であった。もともと繊維産業が盛んであった鯖江町と、めがね産業が盛んであった神明町が合併する時も、お互いに主導権争いが激しく、当時の福井県知事を巻き込んだ大変な騒ぎで、一時は、合併話が流れる寸前まで言ったようなことがあり、合併した後も、旧鯖江町と、旧神明町は結構仲が悪かった。そして出来た鯖江市に、今度は漆器の産地である河和田村が合併する時も、当時の県議会が紛糾する騒ぎに。と、まあ大変な騒ぎをへて、現在の鯖江市がある。
それが、今回の合併の話しは、全然盛り上がらない。と、言うか、中核都市を目指す現市長が、強力に押しているためだったのだが、最近になり、合併のメリット、デメリットについて、おおいに議論したいと言う機運が高まってきている。行政主導の勉強会では出来ない事をやりたいと、一部の有志が騒ぎ出してきている。5月の末に一度討論会をやったが、あれは行政主導だったのでやり直したいと言うのだ。これがまとまるかどうかは、わからないが、自分たちはもとより、自分の子供や孫に至るまで続く大事な事である。徹底的に議論をしても良いのではないだろうか。

平成14年7月3日
「暑いと思うから暑いんや!。」「暑いと言うから暑いんや!。」と言う人がいるけど、やっぱり暑い。このジメジメ、ムシムシの暑さが嫌い。

先月くらいから、居酒屋さんのお客さんから、「暇だ。暇だ。」と聞いていたが、今日の新聞を見て、原因がわかった。飲酒運転の罰則強化だった。何でも罰金が20万から30万になったとか。飲酒運転で捕まりたくないから、飲みにいかない。なんか大きな間違いのようなのだが・・・・・・・。飲酒運転は6月から取り締まられたわけでなく、昔から駄目なのである。罰金が上がったから、飲みにいかないなんて、理由にならない。今日の地元新聞を読んでいると、この影響で郊外の飲食店は大打撃だと言う。代行運転のお金がもったいないとか、ちょっとくらいならで、一生を台無しにしていいのか。私は、絶対に飲酒運転はやらない。昔からだ。だから、このような記事を読むと腹が立ってくる。

東京で、米の不正表示の調査で、調査した半数の商品に不正があったとの報告が。明日からJAS法の罰則強化で、一発業者名が公表される。この件は、これで、落ち着くのだろうか。

平成14年7月2日
いや〜、今日は暑かったね〜。まるで蒸し風呂にいるみたいで、ほんま暑かった。

最近、勧誘や宣伝目的の電話が良く掛かって来るが、そんな中、今日のお昼休みに知り合いの写真館から電話が掛かってきた。60歳くらいのいつもの親父さんからだが、別に取りたてて用があったのでなく、新しい機械を導入したから、是非ご利用下さいという電話だった。写真のネガをデター化して、CD等に納めるサービスは知っているが、デジタルカメラの写真を、フィルム写真並の画像で焼き付ける機械を導入したとの事。へ〜と思いつつ、写真屋さんも時代の波に押されているのだなと感じた。でも、その時代、時代にあったものを提供して行かなければならない。60歳くらいの親父さんも、「死ぬまで勉強や」と言っていた。大変な時代である。

夏のひんやりギフト「越前の夏」コーナーをセミオープンしました。今年のお中元にどうぞ。

平成14年7月1日
お蔭様で5000アクセスを突破。サイト開設1年半で達成できました。これも皆様のおかげと感謝申し上げます。今後も、10000アクセス、いや100000アクセスを目標に、皆様から親しまれるサイトを目指し、頑張ります。

7月に入りましたね。今月の23日並びに30日には、早くも14年産米の自主流通米の入札が行われます。この2回は試行的取引と言われ、相場の動きの激しい新米の走りの時期に、頻繁に行われ、新米の価格を決めて行きます。早く出荷できる産地はそれだけ高く取引されるわけですが、次々と良質米の産地から出荷されてくると価格も急降下するわけです。宮崎県のコシヒカリなどは良い例で、他の良質米の産地が出荷する前に出荷し、出だしで儲けてしまうと言う考えで、特に超早期米に力を入れているのです。
昨年の例で見てみると、昨年7月24日の試行的第1回目の取引で宮崎県のコシヒカリは18626円だったのが、2回目の取引の7月31日では17802円、そして、正式な入札開始の8月10日には16800円になっています。たった半月間で1826円も下がってくるのです。まさに、米の世界では博打ですね。1週間で売りきらねば、毎週800円づつ下がって行くわけですから、怖い商品です。後々上がるのなら良いのですが、下がるのはねえ。
このような一面のある米の世界、今、米の先物取引を求める声もありますが、日本の主食をそのような投機的目的にされるのは、私にはちょっと抵抗があるのですが・・・・・・。
ま、そのような難しい事はさておいて、今年も天候に恵まれて、美味しいお米が取れる事を祈るだけです。


福井県産コシヒカリと福井の地場産品の
ふくい米ドットコム
有限会社 黒田米穀
TEL0778−51−1232
FAX0778−51−1741
e-mail  info@fukuimai.com