コシヒカリと地域産品のふくい米ドットコムホーム日本のお米>日本のお米「な」

日本のお米


「な」

品種名 中生新千本
育成 昭和25年 愛知農試
主な産地 広島・兵庫・岡山・山口
特徴 良品質米として中国地方で普及。
品種名 ながのほまれ
育成 昭和55年 長野農事試
主な産地 長野
特徴 長野の中山間部に栽培。品質は良いがコシに押され減少
品種名 なごりゆき
育成 平成9年 新潟農試
主な産地 新潟
特徴 新潟の中山間部に栽培
品種名 夏雲
育成 平成13年 新潟農総研
主な産地 新潟
特徴 低アミロース米。アミロース含有量5%前後  
品種名 なつしずか
育成 平成13年 静岡農試
主な産地 静岡
特徴 極早生品種。良食味、良品質。
品種名 なつのたより
育成 平成5年 鹿児島農試
主な産地 徳島・鹿児島・熊本・三重
特徴 早場米栽培地に適する極早生種。
品種名 ナツヒカリ
育成 昭和58年 鹿児島農試
主な産地 高知・三重
特徴 早場米栽培地に適する極早生種。品質も良い
品種名 ななつぼし
育成 平成13年 北海道中央農試
主な産地 北海道
特徴 耐冷性は強いが、イモチ、耐倒状性が弱い。食味はホシノユメ同等
品種名 南栄(なんえい)
育成 昭和26年 北海道農試渡島支場
主な産地 長野
特徴 長野の1000m以上の高冷地に適する、極早生種
品種名 新潟早生
育成 昭和54年 新潟農試
主な産地 新潟
特徴 良質、良食味、多収品種では有るが、耐病性に弱く減少
品種名 ニシヒカリ
育成 昭和56年 宮崎総農試
主な産地 鹿児島
特徴 品質は良いが、ヒノヒカリ等に押され減少
品種名 ニシホマレ
育成 昭和54年 宮崎総農試
主な産地 福岡
特徴 良質品種として普及
品種名 日本晴
育成 昭和38年 愛知農試
主な産地 滋賀・山口・兵庫・京都・岡山
特徴 良品質品種として、全国に普及したが、良食味品種に押され減少
品種名 ねばり勝ち
育成 平成6年 キリンビール
主な産地 栃木
特徴 低アミロース米。
品種名 農林21号
育成 昭和17年 北陸農試
主な産地 福島
特徴 北陸地方に普及したが倒状しやすくいもちにも弱いため減少
品種名 農林22号
育成 昭和18年 兵庫農試
主な産地 山梨・高知・広島・大分
特徴 耐倒状性に悪く減少
品種名 農林48号
育成 昭和24年 安城農改実験所
主な産地 山梨
特徴 食味は良いものの、品質が悪いため敬遠されたが、近年幻の米として復活
品種名 能登ひかり
育成 昭和60年 石川農総試
主な産地 石川
特徴 能登地方の良食味品種。乳白、腹白が発生しやすい

福井県産コシヒカリと福井の地場産品の
ふくい米ドットコム
有限会社 黒田米穀
TEL0778−51−1232
FAX0778−51−1741
e-mail  info@fukuimai.com