コシヒカリと地域産品のふくい米ドットコムホーム日本のお米>日本のお米「あ」

日本のお米


「あ」

品種名 あさひの夢
育成 平成8年  愛知農総試
主な産地 愛知・長崎
特徴 外観品質良好で多収品種。食味はあいちのかおり由来で良好
品種名 あいちのかおり
育成 昭和62年  愛知農総試
主な産地 愛知・静岡・神奈川
特徴 炊飯米の光沢は、ハツシモより良好。玄米は大粒
品種名 葵の風
育成 平成元年 愛知農総試
主な産地 愛知・静岡
特徴 玄米の粒形はやや小粒。光沢、品質、粘り、うまみとも良く多収
品種名 青い空
育成 昭和57年 愛知農総試
主な産地 群馬
特徴 玄米の粒形は中で腹白、胴割れ少ないが、食味は不十分
品種名 あかね空
育成 平成3年 愛知農総試
主な産地 埼玉・群馬・佐賀
特徴 品質、食味良好で病気にも強い。乳白がやや発生しやすい
品種名 あきげしき
育成 平成9年 宮崎総農試
主な産地 熊本
特徴 日本晴に代わり普及。粒形はやや大。食味は日本晴より良い
品種名 あきたこまち
育成 昭和59年 秋田農試
主な産地 秋田・岩手・山形・長野・愛媛
特徴 食味はコシ系で光沢、粘りとも良好
品種名 あきた39
育成 平成2年 秋田農試
主な産地 秋田
特徴 耐倒状性が強く、トヨニシキに替わり普及
品種名 あきた59号
育成 平成11年 秋田農試
主な産地 秋田
特徴 安定した収穫。食味はササニシキに近い
品種名 アキチカラ
育成 昭和61年 北陸農試
主な産地 新潟
特徴 多収の早生種だが食味不良のため人気が無い。
品種名 アキツホ
育成 昭和47年 東海近畿農試
主な産地 奈良・高知
特徴 耐倒状性が強いが食味が不十分。外観品質は優る
品種名 アキニシキ
育成 昭和49年 北陸農試
主な産地 栃木・埼玉・神奈川・東京
特徴 多収かつ良質、良食味。コシヒカリより劣る
品種名 秋の詩
育成 平成10年 滋賀農試
主な産地 滋賀
特徴 多収、良品質、良食味品種
品種名 秋晴
育成 昭和37年 愛知農試稲橋分場
主な産地 長野・三重
特徴 収穫、品質とも良好だが、やや病気に弱い
品種名 アキヒカリ
育成 昭和51年 青森農試藤坂支場
主な産地 新潟・岡山・千葉・福島
特徴 収量性は高いが食味不十分
品種名 あきほ
育成 平成8年 北海道中央農試
主な産地 北海道
特徴 きらら並みの食味と安定多収を持つ。耐倒状性はきららに劣る
品種名 あきゆたか
育成 昭和54年 東北農試
主な産地 広島
特徴 粒はやや大きい。耐病性にやや劣る
品種名 あきろまん
育成 平成5年 広島農技センター
主な産地 広島
特徴 ヤマビコに替わり普及。食味はコシヒカリより硬い
品種名 アケボノ
育成 昭和28年 東海近畿農試
主な産地 岡山・京都・大阪
特徴 耐倒性、耐病性不十分。腹白が出やすい
品種名 あこがれ
育成 平成8年 福井農試
主な産地 佐賀
特徴 佐賀の日本晴に替わり普及。食味も良好
品種名 朝の光
育成 昭和62年 愛知農総試
主な産地 埼玉・群馬・栃木・千葉
特徴 関東の日本晴に替わり普及
品種名 朝日
育成 昭和6年 岡山農試
主な産地 岡山
特徴 良食味品種として評価は高いが、耐倒状性に弱い
品種名 味こだま
育成 平成9年 新潟農試
主な産地 新潟
特徴 良質、良食味品種。食味もコシヒカリ並と言われる
品種名 あじまる
育成 平成2年 兵庫中央農技センター
主な産地 兵庫
特徴 日本晴に替わる品種マイルドな食感で粘りが弱い
品種名 アスカミノリ
育成 昭和61年 宮崎総農試
主な産地 奈良
特徴 乳白、腹白の多かったフヨウに替わり普及
品種名 あそみのり
育成 昭和48年 熊本農試阿蘇分場
主な産地 静岡
特徴 九州北部の中生種。品質、食味とも不十分
品種名 (あや)
育成 平成3年 北海道上川農試
主な産地 北海道
特徴 低アミロース米。心白が多い
品種名 あわみのり
育成 平成10年 北陸農試
主な産地 徳島
特徴 徳島の日本晴に替わり普及。食味は良く、ほぼ徳島のコシヒカリ並
品種名 愛のゆめ
育成 平成14年 愛媛農試
主な産地 愛媛
特徴 良食味。良品質。中生品種
品種名 青系135号
育成 平成14年 青森農試
主な産地 群馬
特徴 耐冷性抜群。中生の良食味品種
品種名 秋雲
育成 平成13年 新潟農総研センター
主な産地 新潟
特徴 中生の低アミロース米。アミロース含有量は10%前後
品種名 あきさやか
育成 平成13年 九州沖縄農研センター
主な産地 福岡
特徴 ヒノヒカリ同等の良食味品種。良品種
品種名 朝つゆ
育成 平成13年 北陸研究センター
主な産地
特徴 晩生の低アミロース米。アミロース含有量は8%前後
品種名 あやひめ
育成 平成13年 北海道上川農試
主な産地 北海道
特徴 北海道に適する、低アミロース米。
品種名 石川31号
育成 平成10年 石川農試
主な産地 石川
特徴 極早生品種。食味外観は加賀ひかり並
品種名 いなひかり
育成 平成5年 愛知農総山間技術実験農場
主な産地 愛知
特徴 秋晴に替わり普及。中山間部に適する
品種名 イブキワセ
育成 昭和60年 愛知農総山間技術実験農場
主な産地 滋賀
特徴 滋賀の中山間部の極早生。白葉枯病に弱く平地向きではない
品種名 いわた3号
育成 平成6年 日本たばこ産業
主な産地 岡山・滋賀
特徴 食味はヒノヒカリより上との評価も。
品種名 いわた11号
育成 平成8年 日本たばこ産業
主な産地 福島・栃木・茨城
特徴 コシヒカリよりあっさり味で若者向きとの評価も。
品種名 いわた15号
育成 平成13年 日本たばこ産業
主な産地 宮城・京都・長野
特徴 南東北以南に適する、低アミロース米。モチ臭が少ない。
品種名 いわて26
育成 平成元年 岩手農試
主な産地 岩手
特徴 岩手の中山間部向きの極早生種。耐倒状性がやや劣る
品種名 いただき
育成 平成12年 北陸農試
主な産地 熊本
特徴 多収品種、良品質品種。直播き適正
品種名 いわてっこ
育成 平成13年 岩手農研センター
主な産地 岩手
特徴 耐冷性が強く、食味はあきたこまち並
品種名 うこん錦
育成 昭和25年 愛知農試
主な産地 三重
特徴 中山間部に向く。うこん色に成熟することから命名
品種名 ウズシオ
育成 昭和42年 宮崎農試
主な産地 高知
特徴 高知の平地海岸部に適する晩生種。
品種名 エルジーシー1(LGC1)
育成 平成13年 農業生物資源研
主な産地
特徴 低グルテリン米。ニホンマサリと形態的・生物的、栽培特性がほぼ同じ。
品種名 LGCソフト
育成 平成14年 近畿中国四国農研センター
主な産地
特徴 低クルテリン米、ならびに、低アミロース米。良食味。
品種名 扇早生
育成 平成3年 石川農総試
主な産地 石川
特徴 石川の砂場に適する早生種。耐冷性、耐倒状性が強い
品種名 オオトセ
育成 昭和54年 中国農試
主な産地 香川・徳島
特徴 酒造用のかけ米主体に用いられる
品種名 大空
育成 昭和45年 愛知農試
主な産地 三重
特徴 良品質、良食味。白葉枯病、紋枯病に弱い
品種名 おきにいり
育成 平成8年 東北農試
主な産地 宮城・秋田
特徴 いもち病、耐冷性が強い。食味はササニシキと同等
品種名 おくひかり
育成 平成3年 石川農試
主な産地 石川
特徴 良質、良食味、安定品種。食味はコシヒカリよりやや落ちる
品種名 おとめごころ
育成 平成7年 岡山農試
主な産地 岡山
特徴 食味はこまちと同等でこまちより小粒で白度のの高いのが特徴
品種名 おまちかね
育成 平成6年 鳥取農試
主な産地 鳥取
特徴 鳥取独自のブランド米として期待される
品種名 おくのむらさき
育成 平成12年 東北農試
主な産地
特徴 紫黒うるち米。収量は朝紫より1割ほど高い
品種名 おしまこ180
育成 平成13年 青森農試
主な産地 青森
特徴 低アミロース米。耐冷性は劣るが、イモチには強い。
品種名 おわら美人
育成 平成4年 富山農試
主な産地 富山
特徴 良食味の早生品種。耐冷性が強い。


福井県産コシヒカリと福井の地場産品の
ふくい米ドットコム
有限会社 黒田米穀
TEL0778−51−1232
FAX0778−51−1741
e-mail  info@fukuimai.com